おまとめローン・一本化のメリットとデメリット

おまとめローン・一本化のメリットとデメリット

おまとめローン・一本化のメリットとデメリット

複数の借り入れをまとめて1つにすることを「おまとめローン」や「一本化」と言います。

最近よく目にするこの「おまとめローン」「一本化」ですが、改めてそのメリットはどのような点でしょうか?またデメリットはないのでしょうか?この辺りを整理してみました。

「おまとめローン」「一本化」のメリット

・毎月の支払金額を軽減できる

まず、一番のメリットは、毎月の支払金額を減らせるという点でしょう。

複数の借入先がある場合、その支払いだけで大変になってしまいます。

支払いのためにまた他社から借り入れを行うという自転車操業になってしまい、更に支払額が増えてしまうという悪循環に陥ってしまうこともしばしばあります。

このような悪循環を断ち切り、毎月身の丈にあった支払いにできるというのが最大のメリットです。

・金利が下がり総支払額を減らせる

契約先にもよりますが、現在の借入先より金利が下がるケースがあります

その結果、総支払額が減ることもありますし、借り入れ金額が大きければ大きいほど、その差額も大きくなります。

しっかり金利の確認を行い、しっかりシュミレーションを行った上で検討するようにしたいものです。

・窓口が1つになる

意外におおきなポイントが窓口を1つにできるという事です。

複数社から借り入れを行っている場合、借り入れ残高も自分で計算しなければなりませんし、支払い方法も異なってくる場合もあります。

これが1つになるだけでとてもシンプルになりますし、何より精神的に楽になるものです

・支払日が1つにまとまる

複数の借入先があり、その支払日が異なる場合、そのやりくりやスケジュール管理も大変なものです。支払に追われているような気分にもなり、精神的にも追い詰められてしまいます。

これが1つにまとまるだけでも手間も気分も楽になり、返済意欲も湧いてきます

・手数料を軽減できる

借り入れ先にもよりますが、支払いが振込という場合もあるでしょう。

このような借入先が多い場合、振込手数料だけでもばかになりません。

おまとめローンで一本化することで、このような無駄を軽減することができます

「おまとめローン」「一本化」のデメリット

・契約手数料で総支払額が増えてしまうケースも

一部の借り入れ先では、金利とは別に契約手数料がかかる場合もあります。

金利は下がっても、この手数料によって総支払額が増えてしまうことがあります

契約前にこのような手数料もしっかり確認し、最適な借り換え先を探しましょう。

・支払い期間が長くなってしまうことも

毎月の支払金額を抑えられることは、おまとめローンのいいところではありますが、その分支払い期間が長くなってしまうことも考えられます。

これは支払額と支払い期間のどちらを優先するかという問題でもありますが、支払額を抑えたい場合は覚悟しておかなければなりません

・審査に通らないこともある

おまとめローンでは、消費者金融系のキャッシングより若干審査が厳しい傾向があります。既存の借り入れ金額が多かったり、借り入れている会社数が多い場合、審査に通らないこともあります。

おまとめローンを検討しているようでしたら、複数の候補を予め選んでおき、優先順位をつけて順番に申し込みを行いましょう

・また他社から借り入れしてしまう

おまとめローンで借り入れを一本化すると、支払い金額が軽減でき、精神的に楽になります。他社の借り入れも一度完済しますので、融資枠の残高が増えることにもなります。

この際、また他社から借り入れをしてしまい、支払いが大変になってしまうというケースがよくあります

これはおまとめローンのデメリットという訳ではなく、自分の意思次第なのですが、なぜおまとめローンを利用することになったのかという事をよく思いだし、同じ悪循環を繰り返さないよう、強い意志を持つことが重要です。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ