審査に通らない理由を知るには?

審査に通らない理由をしるには?

審査に通らない理由をしるには?

キャッシングの融資を申し込んでも審査に通らないことがよくあります。

特に、仮審査を通ったのに本審査で落とされ、どこに申し込んでも同じ結果という方も多いのではないでしょうか?

このような場合、「個人信用情報機関」にあなたについて何らかの問題が残ってしまっている可能性があります。

「個人信用情報機関」とは、金融機関が融資を行う際、申込者の情報を問い合わせる機関です。

さまざまな金融機関で情報が共有されており、過去に遡って調査することが可能です。

キャッシングの審査では、主に本審査の際にこの情報を元に審査する事になります。

審査時に「個人信用情報機関」で確認されるポイントは、主に現在の借り入れ金額と返済履歴です。特に返済履歴では、過去の延滞履歴などが審査のポイントとなります。

このような履歴があると、いわゆるブラックリストとなる訳です。

しかし、自分の知らないところでこのような情報が記載されているのは気持ちの悪いものです。もしかしたら間違った情報が載っているのではないかと心配な方もいるのではないでしょうか?

どうしても納得いかない方は、この「個人信用情報機関」の情報を開示してもらうという方法もあります。主な「個人信用情報機関」は下記3機関です。

ただし、むやみに開示請求することは注意する必要があります。

開示履歴も情報として残りますので、審査時にチェックされてしまう可能性があります

信用情報の開示は、やむを得ない場合に留めておいた方がいいでしょう。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

主に銀行が信用情報の調査を行う機関です。

情報の開示には本人確認資料の他1,000円の手数料が必要になります。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

http://www.jicc.co.jp/

クレジット会社や消費者金融業者などが信用情報の調査を行う機関です。

こちらも1,000円の手数料が必要ですが、スマートフォンアプリで開示の申し込みが可能など、利便性が高いのが特徴です。

直接窓口で申し込めば、手数料は500円と割安になります。

株式会社CIC(CIC)

http://www.cic.co.jp/

主にクレジット系・信販系などが信用情報の調査を行う機関です。

こちらも1,000円の手数料が必要ですが、PCや携帯でも開示の申し込みが可能で、開示結果はPDFでダウンロード可能です。

 

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ