元利均等返済と元金均等返済

元利均等返済と元金均等返済

元利均等返済と元金均等返済

返済方法などでよく目にする言葉として「元利均等返済」と「元金均等返済」があります。

似たような言葉であまり気にしない方も多いかもしれませんが、キャッシングを利用する際には是非理解しておきたい言葉です。

簡単に言うと、この「元利均等返済」と「元金均等返済」では毎月の返済金額とトータルで支払う利息にかなりの違いが発生してきます。

元利均等返済

毎月の支払金額が均等になるように元金と利息を合算して算出する方法です。

現在のキャッシングでは最も多く使われている方法で、ローンやリボ払いも元利均等返済の一種と言えます。

毎月の返済金額が固定されているため、返済の計画を立てやすいというメリットがある一方、元本がなかなか減らず、トータルの利息も多めに支払うことになってしまうというデメリットがあります。

元金均等返済

元金を均等に返済するように計算し、その時点での利息を上乗せする支払い方法です。

そのため、最初の返済金額が最も高く、徐々に下がっていくという特徴があります。

元金が毎月確実に減り、返済金額もだんだん少なくなるというメリットはありますが、

最初の返済金額が高くなる上、毎月の返済金額が変動して分かりにくいというデメリットがあります。

現在では元金均等返済を利用しているサービスは少数派となっています。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ