キャッシングの審査のしくみ

キャッシングの審査のしくみ

キャッシングの審査のしくみ

新規でキャッシングの申し込みをする際、必ず審査があります。

お金を借りるのですから当然の事ですね。

では、審査はどのような仕組みや流れで行われるのでしょうか?

審査は会社によって違うのでしょうか?

「仮審査」と「本審査」

キャッシングの審査には、大きく分けて「仮審査」と「本審査」があります。

まず仮審査では、住所・氏名・年齢・家族構成・居住形態・雇用形態・勤続年数・他社からの借り入れ金額と会社数といった基本情報で審査を行います。

この時点では、借り入れ金額にもよりますが、よほどこれまでの借り入れ金額が大きくない限り落とされることはありません。

匿名で仮審査を行えるサービスもありますので、心配な方は利用してみるといいでしょう。

仮審査で問題がなければ本審査に入ります。

本審査での主な審査内容は、現在の借り入れ状況や支払い状況・延滞履歴・金融事故履歴などです。

もしこれが申告内容と大きく異なっていたり、虚偽とみなされる内容だったりした場合は通過できなかったり貸付金額が制限される場合があります。

また、頻繁に延滞していたり、自己破産などの金融事故の履歴があったりした場合も、貸付してもらえない場合があります。

これらの基準は会社によって微妙に異なります。

このようなことがなければ、ほとんどの方は審査で落ちるようなことはないでしょう。

銀行系と消費者金融系の審査の違い

キャッシングには、大きく分けて銀行系と消費者金融系があります。

この2つで審査の基準が異なります。

まず、審査の厳しさは、銀行系の方が厳しい傾向にあります。

もし返済が滞り、焦げ付いてしまった場合、その肩代わりは銀行が行うことになります。

そのため、親会社の銀行がOKしないと貸付できないということになります。

一方、消費者金融系の場合、支払いが滞った場合は債権回収業者に債権譲渡する場合が多い傾向にあります。そのため、自社のリスクな少なくすむため、審査は甘い事が多いのです。

債権回収業者とは、いわゆる「取り立て屋」も多く、もし債権譲渡されると大変なことになる場合もあります。審査が甘い分、返済が滞った際のリスクもありますので、これらを踏まえて最適なキャッシング先を選ぶことも重要です。

キャッシングの審査ってどこで調べるの?

キャッシングの審査では、必ず「個人信用情報機関」と呼ばれるところで審査対象者の情報を照合します。

この「個人信用情報機関」では、各金融機関が貸金業者の情報が共有されていますので、他社での借り入れ金額などを確認することができるのです。

特にポイントとなるのは、借り入れ件数・借り入れ金額・金融事故履歴です。

借り入れ金額が総量規制(年収の3分の1以下)を超える場合、基本的には貸付してもらえません。金額は少なくても、借り入れ件数が多い場合も審査を通らないことがあります。

また、自己破産や強制解約などの金融事故履歴がある場合、特に審査は厳しくなります。いわゆるブラックリストですね。このような履歴は過去5年間保存されます。

この「個人信用情報機関」は、主に下記の3機関にて取り扱われています。

全国銀行個人信用情報センター(全銀協)

http://www.zenginkyo.or.jp/pcic/

主に銀行が信用情報の調査を行う機関です。

株式会社日本信用情報機構(JICC)

http://www.jicc.co.jp/

クレジット会社や消費者金融業者などが信用情報の調査を行う機関です。

株式会社CIC(CIC)

http://www.cic.co.jp/

主にクレジット系・信販系などが信用情報の調査を行う機関です。

 

コメントは受け付けていません。

このページの先頭へ