「初心者編」の記事一覧

キャッシングする際の心得

キャッシングする際の心得

キャッシングは、とても便利なサービスで、うまく利用すれば生活が豊かになります。しかし、濫用すると返済が間に合わなくなり、あっという間に多重債務に陥ってしまいます。そんなキャッシングサービスを利用する際の心得と注意点をご紹介します。

学生でもキャッシングできるの?

学生でもキャッシングできるの?

学生でももちろん急にお金が必要になるケースはよくあります。特に大学生は親からの仕送りだけではやりくりできない場合もあるでしょう。学生がキャッシングをする場合、やはり問題は収入がないという点です。しかし、学生向けに特化した「学生ローン」というものがあるのです。学生ローンの場合、収入証明の代わりに学生証が必要になります。

主婦でもキャッシングできるの?

主婦でもキャッシングできるの?

主婦でもキャッシング可能かどうか、心配な方も多いのではないでしょうか?答えはもちろんOKです。主婦の方がキャッシングをする場合、収入があるかどうかによって選択肢が別れます。専業主婦で収入がない場合、銀行系キャッシングサービスがおすすめです。雇用形態や収入額にかかわらず、安定した収入があるようでしたら大幅に選択肢も広がります。上記の銀行系キャッシングサービスはもちろん、信販系・消費者金融系のキャッシングサービスでも借り入れ可能です。

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとカードローンの違い

キャッシングとは、キャッシュ(現金)を借りる事を指します。銀行の融資などとの違いを一言でいうと、「無担保」「利用目的無制限」という特徴があります。カードローンはキャッシングに含まれますが、この中でカードを利用してキャッシングすることをカードローンと呼びます。融資を申し込み、審査を経て振込によって貸付されるものと違い、カードローンは決められた貸付枠の範囲内で自由に借りる事ができるのが特徴です。また、コンビニやATMを利用できるため、急な出費が発生した際などにはとても便利です。

キャッシングの審査のしくみ

キャッシングの審査のしくみ

キャッシングの審査には、大きく分けて「仮審査」と「本審査」があります。まず仮審査では、住所・氏名・年齢・家族構成・居住形態・雇用形態・勤続年数・他社からの借り入れ金額と会社数といった基本情報で審査を行います。本審査での主な審査内容は、現在の借り入れ状況や支払い状況・延滞履歴・金融事故履歴などです。もしこれが申告内容と大きく異なっていたり、虚偽とみなされる内容だったりした場合は通過できなかったり貸付金額が制限される場合があります。

キャッシングの金利はどれくらい?

キャッシングの金利はどれくらい?

キャッシングの金利は、多くの場合10%~20%が相場となっています。多くの場合、この範囲内で借りる金額によって金利が変動します。借りる金額が多くなればなるほど金利は安くなりますが、ほとんどの場合は10万円以下では上限の20%となっています。「貸金業法」によると、法律で定められている金利の上限は下記のようになっています。・10万円以下:20%・10万円~100万円:18%・100万円以上:15%

キャッシングは恥ずかしいこと?

キャッシングは恥ずかしいこと?

キャッシングの経験がまだない方、キャッシングする事は恥ずかしい事だと思っていませんか?確かに自慢する事ではありませんし、人にはなかなか言えないものです。しかし、キャッシング経験者は実はとても多いのです。キャッシング人口は、実に1,200万人にのぼります。

キャッシングとは?

キャッシングとは

キャッシングは、住宅や自動車などのローンと違い、使い道が限定されず、借りたお金を自由に使う事ができます。そのため「フリーローン」と呼ばれることもあります。最近ではさまざまな種類のキャッシング方法があり、クレジットカードにはほとんどキャッシング機能がついています。また、女性専用・主婦専用・学生専用など借りる人の立場に特化した商品も多く登場しています。

このページの先頭へ